食事のマナー|料理をしながら婚活!クッキングパーティー

HOME > 食事のマナー > 和食編

食事のマナー

レシピ集

和食編

食の欧米化が進み、箸を持てない、使えない人が増えてきています。個食が進む中、家庭では普通になっている事も公の場面ではマナー違反になっている事も多いです。洋食・エスニック・・その料理によって食事のマナーは全く異なりますが、日本人ですから、まずは基本の"和食"からマナーを身につけていきましょう。

必ず器を持って食べる

手を受け皿にして食べるというのも一見食事のマナーに則っているようですが、止めましょう。和食では基本的に器を持って食べるのがマナーです。しかし大皿や刺身、焼き魚、天ぷらなどが、盛られている皿は置いたまま食べましょう。

ご飯と交互に食べる

おかずを全て食べ終えてからご飯を食べる「棒食い」はNGです。必ず、おかずからおかずへ箸を動かさず、ご飯とおかずを交互に食べましょう。

焼き魚の食べ方

上手く箸が使えない為に魚嫌いという人もいるようですが、正しい食べ方を身につけてスマートに食事を楽しみましょう。

  • 上側の身を食べ終えたら、尾側から骨と身の間に箸を差し込み、骨をはずす。骨は皿の向こう側に置く
  • 食べ終えたら、取り除いた皮や骨は皿の左端に一カ所にまとめる

箸使いのタブー

知らないうちに間違った箸使いの方をしている事は多いです。
箸使いのタブーを挙げましたので、身に覚えがある場合は早めに直しておきましょう。

  • 迷い箸・・器から器へとうろうろ箸を回す
  • 探り箸・・器の中の料理を箸で探る
  • 刺し箸・・料理に箸を刺して食べる
  • せせり箸・・同じお菜をいつまでも食べ続ける
  • ねぶり箸・・箸をなめる

HOME > 食事のマナー > 和食編

クッキングパーティーについて