食事のマナー|料理をしながら婚活!クッキングパーティー

HOME > 食事のマナー > 中華編

食事のマナー

レシピ集

中華編

和食やフレンチのマナーは何となく思い浮かぶ人もいるかと思います。では中華料理は?
こちらでは意外と知らない中華料理のマナーについてこちらではご紹介します。

円卓の上座と下座

日本の和室と同じく、中華料理のテーブルにも上座と下座があります。一般的に出入り口から遠い方が上座、出入り口に近い方が下座で、下座から上座へは右回りになります。
中華料理に招かれた際には上座に座り飲み物をオーダーしたりあいたお皿をまとめたりちょっとしたことに気を配るようにしましょう。

大皿の料理は主賓が手を付けるまではとりわけない

中華料理は大皿の料理をみんなで小分けにして食べることが多いです。まず主賓から取り分けて、時計回りに取り分けていくのが一般的です。
気になる料理があってもバイキングのようにすぐにさらに手を伸ばすのはマナー違反です。

回転テーブルにはみんなで使うものを置く

回転テーブルにはみんなで共有して使う調味料や大皿の料理、とりわけ用の小皿などを置きます。
食べ終わった後のお皿やビールビンなどの飲み物やグラスは安定が悪いので置かないようにしましょう。

中華料理は遠慮をする方が失礼

中華料理では他人のおかずをよそってあげたり、箸をひっくり返して使うことはマナー違反。そのために回転テーブルがあり、各料理にはとりわけ用のトングやスプーンがついているからです。
また、料理は座ったままで自分の食べる量だけ大皿から小皿で頂きます。全員が取り終わったあとまだ食べたいと感じた場合遠慮せずに同じ皿の料理をもう一度食べることも可能です。
なお、お皿は料理毎に取り換え、食べ終わったお皿は邪魔にならない所に重ねておきましょう。

HOME > 食事のマナー > 中華編

クッキングパーティーについて